読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

game diary

デジタルカードゲームについての記事を書いてます

【shadowverse】 レジェンド評価表(2016/7/16時点)

初心者向けの記事になります。

作成する際の参考にどうぞ。

(個人の考えです。また、nerfを考慮してないのでいまはDでもnerfされて高評価になる可能性もあります。心配なら崩すのは辞めましょう)

 

A デッキを組む際、必須となるカードです。替えがきかないカードなので優先的に作成しましょう。

人の好みによって採用されるカードです

C 採用されるデッキは少ないですが、使われる可能性があるカードです。エーテルに困った時は崩してもいいでしょう。

D 現時点ではエーテルにしてしまっても問題ありません。

 

中立

ガブリエル

C

ミッドロイヤルで採用されることがあります。 

盤面が取れている状況では強力で、いきなり4点のバーストダメージになりますが、逆に取れてない時だと7/3/4バニラになってしまいます。

状況を選ぶカードで事故要因になりやすいので採用は慎重に。

 

ルシフェル

A

各種コントロール、遅めのミッドデッキに採用されているカードです。

このカード一枚で延命と顔面にダメージを飛ばせるので非常に汎用性が高く、放置できない能力なので相手に処理を迫れるカードです。

ステータスも高く、欠点が見当たりません。  

 

サタン

A

コントロールデッキのフィニッシャーです。

このカード自体はあまり強くないですが、アポカリプスデッキが非常に強力です。

コントロール同士だとどちらが先に出せるかの勝負になります。

 

エルフ

エンシェントエルフ

A

全てのエルフデッキに採用されるカードです。

効果によって3ターン目の時点で非常に高いステータスの守護持ちを出せるうえ、カードを再利用することも出来、非常に強力です。

また、素出しでも3/2/3の平均的なステータスなので足を引っ張りません。

 

フェアリープリンセス

D

現状では崩しても問題ないです。

 

ローズクイーン

C

薔薇デッキのキーカードですが、薔薇デッキ自体があまり強くないです。

カードプールが増えたら組みやすくなるかもしれません。

 

ロイヤル

ロイヤルセイバー・オーレリア

A

全てのロイヤルデッキに採用されています

相手に複数交換を強要させやすく、相手の乙姫や死の祝福などの返しに最適なカードです。特にロイヤルミラーでは非常に重要なカードとなります。

エンシェントエルフと同じく素出ししても問題ないステータスなので使いやすいです。

 

ツバキ

B

HSでいう大物ハンターです。潜伏がついてるので相手のファッティを倒しつつ、顔面に4点与えられます。

ドラゴンが多い環境なら2枚ほど採用してもいいでしょう。

 

乙姫

A

全てのロイヤルデッキに採用されています。

実質7/12のぶっ壊れカードです。盤面を立て直したり、ダメ押しに最適なカードです。

特に乙姫→セージor風神の流れは非常に強力です。

 

ドラゴン


ジルニトラ

ミッドドラゴン、疾走ドラゴンに採用されてます。

HSのdr.boomを思い出すような性能です。

本体に進化権を使うことにより合計13/11のお化けになります。

ドラゴンに進化権を使い、相手の大型フォロワーを倒すことも可能で、小回りが利くカードだと言えます。

 

ファフニール

C

ミッドドラゴンに採用されることがあるカードです。

2点AOEは9マナ時にはあまり役に立たないので単純に8/10のファッティとして運用しましょう。 

 

ダークドラグーン・フォルテ

A

疾走ドラゴンに採用されてます。ミッドドラゴンにも採用されることがあります。

単純に6マナで5点ダメージは強いです。さらに覚醒状態だと、相手に除去スペルが少ないリーダーだと非常に処理しにくくなります。

ただ、盤面を強化するためのフォロワーではないので、6マナ時には出し辛いのが難点です。


ウィッチ

マーリン 

A

超越ウィッチに採用されます。

ぶっ壊れカードです。進化するだけで物凄いアドバンテージが取れます。超越ウィッチをやりたいなら絶対に3枚作りましょう。


ミスリルゴーレム

C

出た時AOE+ファッティと強そうに見えますが、超越ウィッチだとAOEならファイアーチェイン、ファッティならルンブレ、デストロイヤーを採用した方が使いやすいため入れる理由が特にないです。

秘術ウィッチなら採用されることもあります。


アークサモナーエラスムス

D

現状では崩しても問題ないです。


ビショップ

スカルフェイン

B

カウントビショップに採用されるカードです。

ただ、8/4/4なので素出しが絶対に出来ないので、事故要因にもなり得るカードなので3枚採用するのは辞めましょう。


ムーンアルミラージ

B

全てのビショップデッキに採用される可能性があるカードです。

ターン終了時に全快するので毎ターン使える除去札のように使ったり、単純に顔面を殴ってライフを詰めることもできます。


ジャンヌダルク

C

陽光ビショップに採用されることがあります。

ファフニールと同じように2点AOEは8マナ時だと効果的ではない時が多いです。もう一方の効果もやや、パンチ力に欠けています。 

終盤にもつれ込んだロイヤル相手だと効果的に働くかもしれません。


ネクロ

ケルベロス

A

全てのネクロデッキに採用されています。

ステータスはやや低いですが、手に入れられる1マナスペル2種が非常に使いやすく、ファントムハウルとのコンボは凶悪です。

ファントムハウルを入れてないネクロデッキにも、除去兼バーストダメージ源として採用されてます。


プルート

C

コントロールネクロに採用されることがあります。

 相手の大型を処理しつつ、自分の場に大型を出せます。

しかし、8マナとやや重く、除去だけを見ればエクスキューション、暗黒への誘いの方が使いやすいです。また、ステータスが良くないカードを除去しても、プルートが育たないので、相手の脅威になりません。

遅めの環境になれば、採用率は上がるかもしれません。


骸の王

D

現状では崩しても問題ないです。


ヴァンパイア

ソウルディーラー

D

現状では崩しても問題ないです。


ビーストドミネーター

C

コントロールヴァンパイアに採用されることがあります。

ステータスが優秀なデメリット持ちカードです。

そのデメリットもソウルディーラー程キツくなく、一回程度なら4/6なので実戦級のステータスを持っています。

しかし、ステータスが優秀な点以外はただのバニラなのでレジェンドとしてはやや物足りない性能であることは否めません。

また、ヴァンパイア5マナにはエリニュスがいるので枠争いに負けやすいです。


クイーンヴァンパイア

A

コントロールヴァンパイアに採用されてます。

4/4と1/1守護を2体出すので、アグロ、疾走ドラゴンのメタカードです。

単純に6マナ合計スタッツ6/6なのでバニラとしても強いです。

夜の群れ等で召喚した蝙蝠にも守護が付くのもポイントです。