読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

game diary

デジタルカードゲームについての記事を書いてます

【shadowverse】AA昇格!+冥府エルフ デッキガイド

 

f:id:lamda1116:20160725220830p:plain

※ 7/28 追記 私の勘違いで本文中の自然の導きが虹の輝きとなっていました。申し訳ありません。

ついに私もAAに昇格することができました。

そこで今回は、A1からずっと使用していた冥府エルフのデッキガイドを書いてみようと思います。

八月に収穫祭がnerfされてしまいますので、このガイドが参考になる期間は短いと思いますが、nerf前にA、AAに駆け上がりたい人の参考になったら幸いです。

デッキリスト

f:id:lamda1116:20160725221032j:plain

ほぼこのデッキリストでずっとやっていました。仮想敵はロイヤル、ヴァンプ、ビショ、ネクロにしています。

メタルエルフメイジが2枚入っているため、他リストよりもロイヤル、ネクロに対して強いです。また、冥府の初手事故が怖かったので2枚にしています。

根源3枚はミッドロイヤル、ネクロ対策です。また、ビショやドラゴンの大型フォロワーの返しにも効果的なカードとなっています。

森の意思は手札に左右され、乙姫の返しにさほど効果的ではないので0枚になっています。

それ以外はほぼテンプレと同じ構成です。

 

環境にロイヤル、ネクロが少なく、ドラゴンが多い場合はメタルエルフメイジとフェアリービーストを全抜きし、精霊の呪いか妖精のいたずらを2枚、ゴブリンを2枚入れるといいです。

今の環境では考えにくいですが、ウィッチが多いならば、根源‐2、メタルエルフメイジ‐2、フェアリービースト‐2、ゴブリン+3、ウォーターフェアリー+1、ブレスフェアリーダンサー+2という構成がいいと思います。

メタによって構成が変えることができるのもこのデッキの強みです。

 

【ゲームプラン】

このデッキの勝ち筋は

①序盤はフェアリー、除去スペルで凌ぎながら、収穫祭やフェアリーサークル、ウィスパラー等で手札をため込み、新たなる運命で墓地を肥やして冥府への道でフィニッシュ。

②序盤からフォロワーたちで敵の顔面を殴っていき、中盤以降、自然の導きやエンシェントエルフ+リノセウスで一気に大ダメージを与えてフィニッシュ。

の主に2パターンとなります。

また、①のプランでも、余裕があれば高火力のリノを顔面に走らせ、プレッシャーを与えたり、冥府1回分や二回分のライフに減らすこともあります。

 

【リーダー別ゲームプラン】

エルフ (冥府エルフを想定)

相性 五分

おすすめゲームプラン どちらでもok

どちらがデッキを回せるかの勝負になるので運に左右されやすいマッチアップです。

手札や引きにもよりますが、私は先行をとれたなら②、後攻なら①のプランを狙って動いてます。なぜなら先行では相手より先の行動ができるため、フォロワーを自分の盤面に残しやすく、顔面を叩く余裕があるからです。また、長引いてしまうと相手の引き次第で冥府を先に発動されてしまう可能性も出てきてしまいます。

対して後攻では、こちらが処理をし続けなければ相手に顔面ダメージを稼がれてしまうため、盤面処理で手一杯なことが多いため、①のプランをとることが多いです。

後攻でも、序盤にメイで盤面を上手くとることができれば、②のプランでもいいでしょう。

 

ロイヤル (ミッドロイヤルを想定)

相性 相手が先行…やや不利 相手が後攻…五分

おすすめゲームプラン ①

とにかくロイヤル相手には盤面を処理し続けなければ勝てません。そのため、リノセウスを除去札のように使い捨ててでも盤面を処理し続けましょう。相手の乙姫には根源で返し、時間を稼いで冥府を発動させましょう。極端にライフが低い状態でなければ、冥府を発動させてしまえば、ほぼ勝ちは決定します。

また、ミッドロイヤルには除去札が少ないので、他のリーダー以上にエンシェントエルフがよく効きます。3ターン目に4/5のエンシェントをだせれば勝ちに近づきます。

 

ドラゴン (サタンドラゴン、疾走ドラゴンを想定)

相性 不利

おすすめゲームプラン ②

非常に厳しいマッチアップです。

冥府を発動させるのは相手の動きにもよりますが間に合わないことが多いです。疾走ドラゴンの場合だと幸い、相手は序盤にあまり場にフォロワーを出してこないのでその間にフェアリーたちで顔を殴りましょう。

サタンドラゴンの場合も、顔を殴りに行きたいのですが、低コストのフォロワーが多いため、処理され続けてしまうため、疾走ドラゴンよりも厳しいマッチアップになってしまいます。

ドラゴンが多い環境ならば、先述した構成に変えるか、違うデッキを使うことも検討しましょう。

 

ウィッチ (超越ウィッチを想定)

相性 やや有利

おすすめゲームプラン ②

多くの場合、冥府を発動する前に超越でワンキルされてしまうことが多いため、リノセウスで早めに倒してしまうのが理想です。相手のフォロワーは、基本的にゴーレム、ペンギン、スノーマン、マーリンしかいないため、とにかく自分は顔殴りに徹しましょう。回復や守護を積んでいないので、リノセウス圏内に減らすのは簡単です。

ただ、他のマッチアップと比べ、自分が相手に干渉できるアクションが少ないので、ぶん回られたら素直に諦めることも重要です。

数は少ないですが、秘術冥府ウィッチの場合であれば、こちらの方が先に冥府を発動させやすく、相手に守護が多いため①のプランがお勧めです。

 

ネクロ (アグロネクロ、ミッドネクロを想定)

相性 アグロネクロで相手が先行…不利 相手が後攻…五分

   ミッドネクロ 有利

おすすめゲームプラン ①

ロイヤルと同じく、盤面をとることが重要になってくるのでリノセウスを除去札として使いましょう。ただロイヤルと違い、横に並べる能力は低いので盤面をとるのはまだ楽です。死の祝福は根源で返しましょう。ミッドネクロの場合、リノセウスで勝つことも考えられますが、死の祝福で止まってしまう点には注意です。

アグロネクロの場合、1ターンで非常に大きな打点を与えてくるため、相手に先行をとられ、顔面を序盤からガリガリ削られると非常に不利になってしまいます。フェアリービーストで何とか時間を稼いで冥府を発動させてしまいたいところです。進化権が残っていればケル+ハウルで11点、あまり見ませんが、幽体化で13点出るため、最低でも11点以上、出来れば14点以上ライフを維持できると安心です。また、このコンボは守護で防げるので、育ったエンシェントを置いておくのも時間稼ぎに最適です。ミッドネクロと違い、深淵への導き等の確定除去が入っていることも少ないです。

あと、レッサーマミーの2点、デモンストライクの3点、カースドソルジャーの4点を頭に入れておきましょう。

ミッドネクロはアグロと比べると序盤がゆっくりなので盤面をとりやすいです。モルティガイは根源で手札に帰ってもらいましょう。

ただ並べすぎると腐の嵐で一掃されてしまうので注意しましょう。

 

ヴァンプ (コントロールヴァンプを想定)

相性 有利

おすすめゲームプラン どちらでもOK

序盤がゆっくりなのでこちらもデッキを回すことに専念できます。さらに守護があまりおらず、自傷ダメージが多いため、勝手にリノ圏内に入ってくれることも多いです。リノの方が勝ちやすいですが、冥府を準備する時間もあるのでどちらをとっても大丈夫です。

ただ、後半になるにつれ、アルカード、セクシーといった顔面にダメージを与えてくるカードが多いので序盤にブラッドウルフや一刺し、コウモリでライフを削られすぎないように注意しましょう。

進化権が残っているとアルカード+一刺しで9点くるため、最低でも10点以上は残しましょう。それ以下になってしまったらビーストでリーサル圏外に逃れましょう。

フィニッシャーのルシフェルは根源で返せばOKです。ただ、セクシー、アルカードを戻すのはやめましょう。

サタンはほとんどの場合、出す前に勝つことが多いのであまり考えなくていいでしょう。

 

ビショップ(陽光ビショを想定)

相性 非常に有利

おすすめゲームプラン ①

ヴァンプ以上にゆっくりで、尚且つ顔殴りも激しくないので非常に有利なマッチアップです。ただ、相手に守護持ちが多く、回復カードも多いため、リノセウスパターンはちょっと厳しいので冥府で勝ちましょう。

また、相手には高マナのカードが多いので根源が非常によく効きます。

数は少ないですが、疾走ビショの場合、ギルガメッシュが入っているので、相手に進化権が残っているなら8点をキープしておきましょう。

 

【マリガンガイド】

基準はA~Cでつけています

A…最優先に初手にほしいカード

B…及第点のカード、ここまでは初手に来たら返さない。

C…悪くはないが、強気のマリガンなら返す。不安なら残しても良い。

 

また、基本的にはAランクでも同じカードを複数枚キープすることはしません。

 

対エルフ

A…収穫祭、新たなる運命、ベビーエルフ・メイ、フェアリーウィスパラー、フェアリーサークル

B…ウォーターフェアリー、(1マナと2マナの動きが保証されてるなら)エンシェントエルフ

C…森荒らしへの報い

とにかくデッキを回すことを優先しマリガンしましょう。

 

対ロイヤル(先行)

A…ベビーエルフ・メイ、ウォーターフェアリー、エンシェントエルフ、収穫祭、メタルエルフメイジ

B…フェアリーウィスパラー、フェアリーサークル、森荒らしへの報い

C…新たなる運命

後攻

A…ベビーエルフ・メイ、ウォーターフェアリー、メタルエルフメイジ、森荒らしへの報い

B…フェアリーウィスパラー、フェアリーサークル、(1マナと2マナの動きが保証されてるなら)エンシェントエルフ

C…収穫祭

とにかく盤面をとることを考えましょう。

ベビーエルフ・メイは2枚キープしてもOKです。後攻だと収穫祭は出す暇が序盤だとないので、優先度は低くなっています。

 

対ドラゴン

A…収穫祭、ウォーターフェアリー、メタルエルフメイジ、フェアリーウィスパラー、新たなる運命、フェアリーサークル

B…(1マナと2マナの動きが保証されてるなら)エンシェントエルフ

C…ベビーエルフ・メイ、森荒らしへの報い

ウィスパラーやサークルで手に入れたフェアリーを出して顔面を殴っていきましょう。

 

対ウィッチ

ドラゴンと同じ

 

対ネクロ(先行)

A…収穫祭、ベビーエルフ・メイ、フェアリーサークル、フェアリーウィスパラー、ウォーターフェアリー、エンシェントエルフ、メタルエルフメイジ

B…新たなる運命、森荒らしへの報い

 

後攻

A…ベビーエルフ・メイ、ウォーターフェアリー、メタルエルフメイジ、フェアリーウィスパラー、森荒らしへの報い

B…(1マナと2マナの動きが保証されてるなら)エンシェントエルフ

C…収穫祭、新たなる運命

基本的にロイヤルと似たマリガンでOKです。このマッチアップもベビーエルフ・メイは2枚ほしいです。

 

対ヴァンプ

A…ベビーエルフ・メイ、フェアリーサークル、収穫祭、ウォーターフェアリー、新たなる運命、フェアリーウィスパラー

B…森荒らしへの報い、(1マナと2マナの動きが保証されてるなら)エンシェントエルフ

C…メタルエルフメイジ

デッキを回すことを第一に考えます。ベビーエルフ・メイは、ブラッドウルフ、コウモリを倒せるので優先度を高めにしています。

 

対ビショップ

A…フェアリーサークル、収穫祭、ウォーターフェアリー、新たなる運命、フェアリーウィスパラー

B…(1マナと2マナの動きが保証されてるなら)エンシェントエルフ

C…メタルエルフメイジ、森荒らしへの報い

こちらもエルフ、ヴァンプと同じようにデッキを回すことを考えましょう。

森荒らしへの報いはマイミュ、加護の修道女に効果的ではないのでCにしてあります。

 

【注意点】

フェアリーを無闇に全部展開してしまうことは避けましょう。フェアリーは収穫祭やメタルエルフメイジ等のコンボの起動や、新たなる運命で墓地肥やし+手札の入れ替えをするといった役割があるので、手札上限に引っかからない程度に手札に残しておきましょう。

 

【リノセウスと自然の導き】

リノセウスと自然の導きは一気に高ダメージを叩きつけられるので覚えておきましょう。

5マナ リノ→自然→リノ 合計4点 

8マナ リノ→自然→リノ→自然→リノ 合計9点

※進化権があれば+2点

勿論、この間にアクションを挟んだ分だけダメージはupします。進化時に0マナのフェアリー2体を手に入れられるエルフプリンセスメイジとの相性が非常にいいです。

 

長文となってしまいましたが、全て読んでくださり、ありがとうございました。

変なことや指摘等あればコメントで教えて下さると助かります。