読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

game diary

デジタルカードゲームについての記事を書いてます

新環境雑感

新環境になってランク戦をプレイした感想(マスター帯)


ロイヤル

かなり数を減らした。やはり新たなアーキタイプを形成するほどのカードが実装されず、プレイヤー自身の飽きや新カードを使った他のデッキを試したみたいという気持ちがあるからだろう。


ただ、渾身の一振りとアドバンスブレーダー、ガンナーメイド、暗殺者といった使いやすいカードが実装されたためミッドロイヤル自体は強化されている。また、盤面の取り合いを放棄させていた根源がナーフされたのも追い風だ。


ミッドロイヤル自体、非常にデッキパワーが高いデッキのため環境が固まり次第、数を増やしてくるだろう。


コントロールロイヤルもたまに見るが正直強くないと思う。

しかしテンポエルフに強いためチラホラ見かける。

 

エルフ

2番手くらいに数が多い。前環境トップデッキであったが、新パックで翅の輝きやティア、シンシアといった強力なカードを貰えたインチキ。


テンポエルフが非常に強化され、冥府エルフと変わってトップデッキの座についた。4枚目のナーフがエルフのカードというのも現実味が帯びてきた。


ただ予想外なのは冥府エルフの数が非常に少ないことである。翅の輝き、卵といったカードが追加されたのにもかかわらず流行らなかったのは意外だった。


やはり根源のナーフが痛く、冥府エルフに相性が良いテンポエルフが多いことが理由だろうか。もしかしたらミッドロイヤルのようなプレイヤー自身の飽きなのかもしれない。


最近ではハイブリッドエルフという冥府とテンポを合わせたデッキが出てきた。

リノルート、盤面圧ルート、冥府ルートといった勝ち筋が非常に多いため、全てのデッキに対応できる柔軟性があるデッキである。

しかし、どの勝ち筋も中途半端になってしまっている感は否めない。


とにかく、新環境になってもトップメタに食い込んでいくリーダーであるのには間違いない。


ネクロ

かなり数を減らした。ロイヤル以上に見ない。


ロイヤルと違い、パワフルなカードが多く実装され、新たなアーキタイプを形成するカードも生まれたのにもかかわらず数が少ないのは意外だった。


一応MPランク上位者にアグロネクロ、コントロールネクロ使用者はいるため、デッキパワー自体はまだ強いとは思う。

相性の悪いビショが多いのが辛いところ。


ウィッチ

前環境末期ほど数はいないが3番手くらいにはいると思う。アグロが少なく、遅めのデッキが増えたためかなり環境的には適しているためか。


秘術は強力なカードが多数追加されたがやはり超越が幅を利かせている。

超越は殆ど構成が変わらず、レヴィと氷像が追加されたレシピが多い。

レヴィのおかげで盤面を取るのがかなり楽になり、氷像でアグロにもやや耐性がつき、純粋に強化された。


ドラゴン

非常に少ない。最初期はディスカードドラゴンがそこそこいたが今は殆どランプ(疾走)ドラゴンである。


オリヴィエやジークフリート、ムシュフシュといった良カードが追加されたものの、今幅を利かせている疾走ビショ、テンポエルフに相性が悪く、死の舞踏という確定除去が流行っているのが辛いところ。


ただぶん回ってしまえばどのデッキにも勝ててしまう暴力的なパワーは健在。


ビショップ

一番数が多い。非常に意外だったリーダーである。あまり前情報では注目されてなかったが、2コスアミュが強すぎたためか。


デッキタイプも多く、疾走、セラフ、祈祷といった3タイプが環境に存在し、どれも強いが、頭1つ抜けているのはやはり疾走ビショだろう。


ガルラ+疾走アミュで一気に減らし、最後はデモンストライク、ギルガメ、アルミラ等でフィニッシュするという速攻デッキ。


テンポエルフ、超越ウィッチに有利が取れる数少ないデッキである。



ヴァンプ

最初期はよく見かけたが最近は全く見ない。エルフに非常に相性が悪く、エルフメタのバレッジもアグロ蝙蝠に刺さってしまい、環境的に合っていない。


復讐というコンセプトが失敗なのではと思うレベル。


ネクロと同じくかなりテコ入れされたリーダーであるが…。