読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

game diary

デジタルカードゲームについての記事を書いてます

【ウォーブレ】コントロールシェド デッキガイド

こんにちは、lamdaです。

 

今回は私が第1弾環境から好んで使っている【コントロールシェド】のデッキガイドを書いてみようと思います。

 

【特徴】

このデッキは《豪神の力》のマナ加速により相手より一足先に4、5メモリのユニットを出して盤面をとっていき、《心術士 パンドラ》や《魔法結界のフローラ》で相手に返されない盤面を作っていくのが主な勝ちパターンです。

そのため、序中盤は自分の盤面を作るため顔に行くことはせず、とにかく盤面処理に徹しましょう。

 

また、《肉食医 ポテミータ》を採用しているため、ウォーブレの代表的なコントロールの1つである【コントロールマグナ】と違い、バーストダメージが出せるようになっているため、不意のリーサルを狙うことも可能です。

 

デッキリスト+一言コメント】

f:id:lamda1116:20170429092116p:image

 (以前の記事で公開したリストと同じものになっています)

 

《炎神の息》

シェド最強の除去スペル。

特に1マナ4点は非常にテンポがとれます。

 

《メディケーション》

アグロ相手には自身をヒールし、それ以外なら傷付いたユニットにヒールすることが多いです。

《決意の女王 アンサリヴァン》との相性も抜群です。

 

《豪神の力》

どんな相手にもキープしましょう。

 

《強者の裁定》

使いやすい除去スペルです。

効果を消すという効果は非常に汎用性が高いです。

自身のユニットに打てるのもポイント。

 

《戦場医 オリーブ》

アグロ対策のユニットです。

 

《日傘のリリア》

最強の3コスユニットです。

4/27からバグが修正されて一層強くなりました。

 

《ジェリス》

無視できない3コスユニットです。

特に5メモリの際、《ジェリス》→《日傘のリリア》というムーブは強力です。

 

《肉食医 ポテミータ》

最強のバフユニット。

 

《華の妖精 ポポリ》

対アグロ相手に強いカードです。

それ以外でも4/3/4と4メモリバニラスタッツを持っているので《豪神の力》→《華の妖精ポポリ》の流れは強力です。

 

《心術士 パンドラ》

勝ち筋の1つになるユニットです。

盤面が空の状態で出しても相手からしてみると処理せざるを得ないため、実質4/3/3ガーディアンとして使えます。

 

《忍誅党頭領 ゲンドウ》

このデッキはファッティの除去がしにくいため入れています。

また、ユニットの除去をスペルに頼っているデッキでは非常に強力なユニットです。

 

《華の聖賢 アンサリヴァン

シェドの中盤を支えてくれるカードです。

このカードにバフをかけれると非常に強力なユニットとなります。

 

《キュア サンクチュアリ

使いやすいAOEです。

顔に2点入るのもポイント。

 

《幸福の神 ラクシュミー

終盤に《カーリー》が重要になってくるラピスのマッチや《雷神 インドラ》後の隙を誤魔化すために入れています。

 

 

《決意の女王 アンサリヴァン

強力な6コスユニット。

特に決意の効果が強力なため、早めに出したいカードです。

 

《魔法結界のフローラ》

勝ち筋の1つであるユニットです。

マグナ以外は処理し難く、このままゲームエンドになってしまうこともあります。

また、基本的には軽減2を選びます。

 

《雷神 インドラ》

リセットカード。

5/5とゲンドウラインに引っかからない事も魅力です。

特に処理手段が少ないミラーやタオシン相手だと強力なカードです。

 

【マリガン】

絶対にキープ…《豪神の力》 

 

2ターン目最強行動なので絶対キープします。

 

 

・《豪神の力》がある場合で自分が先行…4マナユニット(ポテミータ以外)

 

3ターン目の動きを確保するためです。

 

 

・《豪神の力》がある場合で自分が後攻…《日傘のリリア》

 

1ターン目《メモリ》→《豪神の力》

2ターン目《日傘のリリア》という動きが強力。

 

 

《豪神の力》がない時…《戦場医 オリーブ》

 

初手に《豪神の力》があれば返しましょう。

 

 

 

※マナカーブ通りに動けそうなら5コスユニットもキープしても構いません。(ラクシュミー以外)

 

【ソウルバーストの使い方】 

レベル1…使用しません。

 

レベル2…使いやすい《カーリー》を出す事が出来、もしソルバを使うならばこのレベルで使う事が多いです。

 

《肉食医 ポテミータ》のOTKコンボを狙えないアグロとのマッチアップでは積極的に出しましょう。

 

 

レベル3…非常にピーキーな性能の《シヴァ》が出せます。

 

前の環境では対シェド、タオシンではこのカードを処理できるカードが無かったのでこれらのマッチアップでは非常に強力なソウルバーストでしたが、現環境だとシェドには《強者の裁定》が追加され、《心喰い》や《魔法結界のシェーラ》に対処するため《忍誅党頭領 ゲンドウ》、《妨害傭兵 グスマン》を投入したリストが多いので、安心して出せるマッチアップが無くなってしまいました。

 

そのため、レベル3ソウルバーストは勝つために使うのではなく、ほぼこちらが負けの状態からワンチャンを狙うために使いましょう。

 

 

 

【マッチアップ】

 

ラピス

微不利

 

追加キープ 特になし

 

キーカード 《魔法結界のフローラ》、《華の聖賢 アンサリヴァン》、《戦場医 オリーブ》

 

 

《魔法結界のフローラ》がいない時だとかなり不利なマッチアップでしたが、《魔法結界のフローラ》が追加されたことによりアサギリオルトや《キャプテン ギャラック》のAOEに耐えることが出来るようになり、簡単にボードを返されなくなりました。

 

《心喰い》が怖いので、ソウルバーストは温存せず、《カーリー》を出すために使いましょう。

 

ガーディアンを2体以上出せばOTKコンボを決めることがかなり難しくなるので、ガーディアン持ちのユニットは終盤まで取っておきましょう。

 

 

テンポマグナ(アグロ)

有利

 

追加キープ…《炎神の息》

 

キーカード…《日傘のリリア》、アタック3以上のユニット

 

こちらはアタック3以上のカードが多く、他のデッキより早目に出せ、相手のユニットもそこまでスタッツが良いわけでは無いのでボードを取りやすいです。

 

また、手札からのバーストダメージは《機械槌のウルゴ バシュー》しかないのでとにかく盤面を処理しておけば簡単に勝てるマッチアップです。

 

 

コントロールマグナ

不利

 

追加キープ…《日傘のリリア》(豪神がなくともキープする)

 

キーカード…《日傘のリリア》、《忍誅党頭領 ゲンドウ》 アタック3以上のユニット 

 

コントロール奪取がぶっ刺さり、かなりきついマッチアップです。

 

《ブラックオペレーション》をこちらの場に1体、または2体の時に打たれてしまうと非常に厳しくなるのでとにかく盤面処理して横に広げましょう。

また、《心術士 パンドラ》やリワードスペルで1体のユニットを強化しすぎてしまうと奪われた際、非常に厳しくなるので奪われてしまっても倒せる程度までにバフを留めることが大切です。

 

《悪女 アラディア》はケアすると逆に勝てなくなるので暴れないことを祈りましょう。

 

デッキ切れになることもあるマッチアップです。

 

ミッドレンジタオシン

有利

 

追加キープ…

《キュア サンクチュアリ》(序盤の動きが保証されている時のみ)

《肉食医 ポテミータ》(リリアやポポリ等の中堅ユニットをキープ出来ている時のみ》

 

 

キーカード…《ジェリス》、《肉食医 ポテミータ》、《心術士 パンドラ》、《魔法結界のフローラ》

 

 

テンポマグナと同じく盤面を取ってしまえば簡単に勝てます。

しかもマグナと違って除去も弱く、体力4以上を破壊するのは難しいので簡単に盤面を取れます。

 

除去札はダメージスペルのみなので、《肉食医 ポテミータ》は体力バフのみであっても、非常に刺さるため序盤から積極的に使っていきましょう。

 

《心術士 パンドラ》や《魔法結界のフローラ》で全体バフをかけてしまえばこれでもうゲームセットです。

 

 

コンボユニオン

微不利

 

追加キープ…

《日傘のリリア》(豪神がなくともキープする)

《肉食医 ポテミータ》(リリアやポポリ等の中堅ユニットをキープ出来ている時のみ)

 

キーカード…《日傘のリリア》、《肉食医 ポテミータ》、《心術士 パンドラ》、《ジェリス》、《華の聖賢 アンサリヴァン

 

 

《魔法結界のフローラ》がいない時にコンボを決められてしまうとほぼ負けになってしまいます。

 

そのため、《心術士 パンドラ》で体力3以上のユニットを並べたり、《肉食医 ポテミータ》で巨大なユニットを作り、相手にソウルバーストを吐かせるようなプレイを心掛けましょう。

 

逆にソウルバーストを吐かせてコンボが出来なくなってしまったら負ける要素は不意打ちの《心喰い》だけなので、相手がソウルバーストを使って盤面を処理してくれたらさっさと《カーリー》を出してしまいましょう。

 

アグロシェド

やや不利

追加キープ…《炎神の息》

 

キーカード…《華の聖賢 アンサリヴァン》、《華の妖精 ポポリ》、《カーリー》

 

 

正直このマッチは相手の引きに左右されることが多いため、後攻1Tグオラスとポテミータドリブルをされないように祈りましょう。

 

ガーディアンを出しておけばドリブルは防げるので対ラピスと同じくガーディアンを大切にしたいマッチアップです。

 

 

ミッドレンジシェド

5分

 

追加キープ…《炎神の息》

キーカード…《ジェリス》、《肉食医 ポテミータ》、《心術士 パンドラ》、《華の聖賢 アンサリヴァン

 

 

 

展開力を失った代わりにユニットが巨大となった【ミッドレンジタオシン】のような感じです。

 

そのためミッドレンジタオシンとほぼ同じ戦術が通用します。

 

ただ、ミッドレンジタオシンと違い、バーストダメージが出せるため、ガーディアンは大切に使いましょう。

 

 

 

コントロールシェド

5分

 

追加キープ…《肉食医 ポテミータ》(リリアやポポリ等の中堅ユニットがキープ出来ている時のみ)、《強者の裁定》

 

キーカード…《ジェリス》、《心術士 パンドラ》、《魔法結界のフローラ》、《肉食医 ポテミータ》、《強者の裁定》

 

 

とにかく先に全体バフをかけれた方が勝ちます。

そのため徹底的に盤面を処理しに行きましょう。

 

ただ唯一全体バフで強固な盤面を作っても《雷神 インドラ》で返されてしまうことがあるので、全力展開することは避けましょう。3体程度いれば充分です。

 

また、相手も《肉食医 ポテミータ》を盤面を確保するために体力バフとして使用してくる事が多いので《強者の裁定》はキープしておきましょう。

 

 

 

 

以上になります。

読んでくださりありがとうございました。

 

質問等はこのブログにコメントか私のtwitterまでお願いします。

 

私のtwitter

https://mobile.twitter.com/bjtfd357_lamda